<< October 2017 | 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>


スポンサーサイト

2013.02.16 Saturday |

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

SETSTOCK05!!!

2005.07.27 Wednesday | 22:57
私は仕事を捨て、かの地へ旅立った。
乗った電車は朝7時30分
乗ったバスは8時15分

国営備北丘陵公園(広島県庄原市)SETSTOCK'05 7月24日(日)

何しろ初めての野外ライブだったからなにごともこんなものさと思いながら
実は内心どきどきしてて、わくわくしてたのよ。
ホンマはね、24日よりも23日のほうが自分の好きなアーティストいっぱい出てたし清木場俊介も出てたりして(プッ)直前までチケットを譲ろうって算段だったの

デモ!!
行ってみて、この日サイコーってもんげぇおもうたわ。
この思いをするために、チケットは譲られなかったわけよ。

天気は良好。日差しはきついけれど時に涼しい風が吹くし、時に曇る
なにより足元の芝生柔らかで寝転んで見た青空のきれいなこと。
昼飯の弁当を同伴者とわけわけしつつ、前座バンドを見る
かわいいじゃないか。かわいい音楽じゃないか。
そんなスタートだよ君。

ビール(キリン一番絞り)を買ってEAST STAGEへ
WESTと違って規模の大きさにビクーリ。こんなんで見えるんかいなと思いもってうろうろ。うろうろ。
西側VISION脇に陣取ってオレンジレンジを見る
渇いたのどにビールが突き刺さってうめえー

オレンジレンジはきゃわゆいの一言
友達がすんごいFANでかわいいかわいいって言っていたのがよくわかった。
Vo.3名がそれぞれにチャーム炸裂ですって。
目が離れてても、両腕にがっつーん刺青はいっとっても、沖縄よいやさーって踊り踊っててもホンマにかわいい!
歌った曲も「上海ハニー」「お願いセニョリータ」「ビバ★ロック」
「キリキリマイ」とかとかなじみの曲ばかりでよか!

Dragon Ashってばわたしらのセイシュンじゃろう
そういやアレもDAすきだったじゃないか!
生で見たkjはかなりちんまかった。顔豆粒サイズ。
いくらかやつれて、肌荒れ注意報。思わずチョコラBBを差し上げたくなった。
スローな「静かな日々の階段を」なんか目頭が熱いがな。
新曲「夕凪Union」せつねえ。「Amploud」しびびびびれる。
ラスト「Life goes on」大合唱じゃで
なんかな、kjの渋さにやられながらも懐かしさでなきそうになるしや、
あと、礼儀正しいところにびっくりしたデ。むっちゃ丁寧な人。

斉藤和義を遠くで見た。
いや、見てはいない。
遠くで聞いた。
しかしこの距離が心地いいのだ。
友にもらったクラッカーをぽりぽりと食べながら
ポカリスエットをぐびりと飲み、「歌うたいのバラッド」を聞く。
日差しが少し和らいだ気がする。

奥田民生はロックな人でした。
シークレットゲストの木村カエラはぷりぷりしとってかわいらしかったね。
ロックな民生がロックにトラブル発生でギター変えたり
「じゃ一番からね」ってやったり、
おお!これぞ野外ライブってな雰囲気に満足
このあたりから位置をずんずん前に乗り換えて、虎視眈々と前を狙う私たち。
うしし

バンプオブチキンがしょっぱなに「天体観測」やるなんて心憎い!
まさかやらんよね。なんて思ってたけどやってくれたで。
藤原氏の細さに仰天、どこから声を出しているんですか!?
とどろきわたる声もかすかに見える表情も素敵でした。

トリ!トドメ!最終兵器!!!ウルフルズ!!!!!!!!!!!!!!!
最後じゃけんって、いけるだけ前にぐいぐいいってみたら
ホンマ前のほうになってなー、
東側のステージ2メートル前まで来ちゃったがな!
こんな近くで見るの初めてじゃ

登場!
ほんですぐ「バカサバイバー」会場はドカーン盛り上がり
私らの周りの男どもがぐいんぐいん飛ぶもんじゃから
まけられんがん!わたしらも飛ぶ!ウエストバック前に回して(笑)もって飛ぶ!
(なぜなら落ちてしまいそうで心配だったから)
飛ぶ跳ぶトブ!!!
とんでとんでとんだあげく夏だから「SUN SUN SUN 95」
ほいでもって「バンザイ」イエ〜〜〜〜〜〜〜〜イ
名曲じゃん!みんな手を左右に振り出したよ。
「ええねん」ええねんの大合唱。それでええねん。
「ヤング ソウル ダイナマイト」すっかり日の暮れたステージに赤い照明が映える。

ふと後ろを向けばすり鉢状のステージに今回参加した客が大集合。
もんのすごい人たちの中の前のほうにいる自分たち
トータス松本の顔が、表情が、笑みがはっきりわかる!
幸せじゃないか!

照明が落ち、一瞬静かになるあたり、ピアノのソロが聞こえる。
ああこの曲は「暴れだす」だ!
聞く前はただ勢いだけの曲かと思ってたけど
歌詞は自分の愚かさ・情けなさを自分自身に問いかける1曲。
ウルフルズのいいところは歌詞をリスニングできることだと思った。
聞いて「わかる」ことができるうたって少ない。

 もしもあの時 もっと心に余裕があればなぁ
 今まで こんなに人を悲しませずにすんだなぁ
 人のために できることは あっても 
 人のために 生きることが できない

ここ大好き!大好きになった!!!
みんなもそうなんかな、うたいよるよ。
あたしもうたう!親友もよこでうたっとる!

「ガッツだぜ」でガッツ入れたら最後の曲だってさ。
なんだよ
なんだよ
もう終わりかよ!ちきしょう
ウルフルズトリにするんだったら2時間用意しとけってんだ!
奥田民生が…それはまーええわ
ほんならいくで!
「いい女」ぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!

叫ブルースハープ、軋ギター、歪ベース、轟ドラム
これがウルフルズだ!
お金より、見た目より、車より、心意気なんだぁぁ!

いい女になろう。
どこのだれだかわからんけれど、
こうやって思ってもらえるいい女になろう。
なれるかな。
なったんで!

ウルフルズがステージを去って、アンコールコールをしようとしたら
空に光る明かりが。
花火だ!
しかも後から後からとめどなくどんどんと発射される打ち上げ花火
ステージセットを黒く浮き上がらせる美しい花火
ああ、きれいだ。

私の隣には高校時代からの親友がいて、
その人もセットの向こうの花火を見ている。
きれいじゃ。とつぶやきながら見ている。
今日はたくさん笑った。
二人で顔を見あわせてわらった。
ええな。
えかったな。

こんなけいけん何度でもできるもんじゃないが、すごく楽しかった。
うれしかった。

やったぜSETSTOCK05!!!!!!

top



PR

latest entries

categories

archives

search this site.

recent comment

links

profile

others