<< September 2017 | 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>


スポンサーサイト

2013.02.16 Saturday |

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

ルパン3世カリオストロの城

2012.03.30 Friday | 22:38

最近TVがつまらなくて…

スカパーの日本映画専門チャンネルにはいったろかと

本気で思う今日この頃…。


さて、金曜ロードショーを見てみますが、

何度も見たカリオストロだけど、じっくり見ると

なんか、作りが細かいなー。

こんな描写あったっけ?

っていうのが多かった。

いかに、見たつもりになっているかということ。



しかし、クラリスは可憐だなー。

そして、銭形のとっつあんはしぶいなー。




コクリコ坂から

2011.08.10 Wednesday | 22:22
 中山さんと「コクリコ坂から」を見に行ってきました。
久しぶりのジブリ。

去年までの月一映画会を復活させようと思って、いきなり中山さんにメールしていくことに。

実はそこまで期待していなかったんだけどこれがなかなかえかった。
いや〜えかったえかった。

1960年代の横浜が舞台
そこで恋したり、掃除したり、傷ついたり、ご飯作ったり、洗濯したりする女の子と、
屋根から飛んだり、ガリ版きったり、掃除したり、二人乗りしたり、傷ついたりする男の子の
ハッピーエンドでした。
いや〜えかったえかった。

もう、その一言です。
1960年代は生まれる前で経験したことはないけど
いい時代だったなぁなんて、懐かしく思い出されるような映画でした。


映画「サマーウォーズ」

2009.09.13 Sunday | 19:44
誰も、何ひとつとして、間違っていない映画だった。


サマーウォーズ


この夏の戦いに挑む男たちも、食事を作り、子供を育てる女たちも、
子供も、大人も、少年、も少女も老人も、みんな正しかった。

だからこそ、誰も憎まずいられたんじゃないかと思う。


映画「サマーウォーズ」は「スターウォーズ」並みに広い世界で繰り広げられ、
「キッズウォー」並みに大人数の登場人物で、
「ウォーズマン」ぐらい強いおばあちゃんの出てくるお話。

あたしは自他共に認めるばあーちゃん子だから一瞬で栄ばーちゃんの虜
「いまがんばらなくていつがんばるんだい!」
「誰にまけようとも人生に負けたらいかん!」
なんて痺れる台詞にやられます。

大家族あり、電脳空間あり、バトルあり、賭け事あり、恋愛あり、とにかく色んな要素を取り込んで、
爽やか〜にまとめつつホロリとなかせる…巧い映画でした。

ぜひこの公開中にご観覧を!

映画「20世紀少年ー最終章ー」

2009.09.12 Saturday | 22:14
2009091319080000.jpg

見てまいりまし!

いよいよ最終章。
第一章は漫画原作を忠実に再現し、
第二章はオリジナルを感じさせ、
そして・・・
第三章は・・・

ラストの10分間を丁寧に描いた、原作の先の物語だった。

これが私のシンプルな結論。

そして、このラストの10分がとても透明感があって、印象的。









今年はしばしば映画を見に行っているので、カテゴリーにUn cinémaをついかしました。


そしてこれから見に行きたい映画たち(のチラシたち)
2009091315160000.jpg2009091315170000.jpg2009091315170001.jpg2009091315170002.jpg2009091315170003.jpg2009091315170004.jpg





※豆チシキ※
TOHOシネマ岡南のコンセッションはおいすぃーよ!
2009091219380000.jpg
食べてね!


映画「20世紀少年」

2009.03.13 Friday | 17:15
昨日やっと「映画 20世紀少年 第2章 −最後の希望−」を見に行くことが出来ました。
ちゃんと第1章も見に行ってから2章を見ましたよ。
じゃ、何で1章のことをUPしていないんだ?といわれると、ウッとなるのですが…
まぁ、そりゃ、単に忘れていたってことで(笑)
書こう書こうと思っていてもいざPCを目の前にすると書けなかったりするね。
…ということで、今回はうろ覚えな1章も含めての
「映画 20世紀少年」1・2章レビュー

まず昨日見てきた第2章は…おもしろかった!

第1章は原作を忠実に再現した映画だ。と監督自身言い切っていることもあって、
出演者、セット、カメラアングルまでマンガそのまま。
確かに、これ以上似てるヤツはいない!マルオ役の石ちゃんや、オッチョ役のトヨエツ、
万丈目もフクベエもバッチリ
田村役のARATAが「あーーーーーっ」って叫ぶところなんかは
おもわず「ギャーーッ」って鳥肌たっちゃったけど…

けど…
忠実に再現しているせいでせっかくの映画特有の迫力が殺されていませんでした?
ワイドな画面、ビッグボリュームだからできる表現をあえてしていない故のこじんまり感
A6版のコミックスの規模での表現をしているんだから、こぢんまりもするかぁ〜

それに、クライマックスに行くにしたがって盛り下がっていくように感じられました。
第1章のラストといえば「血の大みそか事件」のシーン
巨大ロボットに対してケンヂが果敢に立ち向かっていくシーン!
ド迫力!…うん。CGが満載で、いや、満載過ぎて…
巨大ロボットが大爆発をおこすシーンでは
「その火力ではとてもケンヂ生きていられません。」と引いてしまいました。
この引き潮のせいもあって、盛り下がっていったわたくし(残念)

第1章に関しては「答えが分かっているものを見る」というのはつまりこういうことなのか。という感想でした。

そして、第2章…

(以下ネタばれあるかも…未鑑賞の方お気をつけあれ)



崖の上のポニョ

2008.09.01 Monday | 14:10


ポニョ観たー(手出たー、足出たー風に)
みたよみたみた、2回目(笑)
1回目は公開されてすぐぐらいに見に行ってたんだけど、
昨日は8月の最終日だったので、こりゃ夏休みも最終日じゃし見に行かんとおえんだろうと思っていってきました。
社会人になってから夏休みという言葉も遠くなったようななってないような。
ま、ええか。

それはそれとして。
ポニョです。
宗介です。
リサです。
フジモトです。
グランマンマーレです。
登場人物すべてがいとおしいです。

きっと、宮崎さんは、いとおしいものをいとおしく思いながらつくったんだろうなぁ。
全編通して愛にあふれている映画でした。
お話の舞台は広島の鞆の浦がモチーフになっているらしく、
以前言ったことがあるので「あっこの風景観たことあるー(ほんまかい!)」って感じ。
なにより瀬戸内海の海沿いの町並みは、笠岡や牛窓に似ていてなんだか懐かしいきもちになりました。


内容・・・は多くを語りますまい。
DVDが出るようになってからでよかろう(笑)
見所を一つだけあげるならば!!!
ポニョが「宗介んとこ行くー」ってぐんぐん昇って行くところとか、
波の上をしゅたたたたたーっと走りくるところ。
なーんかシュールでどーにもくすぐったくて笑えてたまりませんでした。
あれぐらい走ってみたいもんだ(笑)


来場数は1000万人を超えて、まだまだ増える様子。
わたしなんか2回観てるもんね。

ザ・マジックアワー

2008.06.09 Monday | 18:58
幼馴染と、「ザ・マジックアワー」を見てきました!
久しぶりの邦画…思い返せば昨年の12月以来です!!!
TOHOシネマズ岡南に早めに行くと、さすが初日とあって1時間半前でも
混雑してるらしい。
よく見えるD列にたいてい座るのですが…
今日は2列前のF列、でも真ん中あたりをげっとう!

開演まで、カフェドブレルでご飯食べて、おなかいっぱいこっぱいになり、
イーハイフングリーンパークスでひやかしして(笑)
さ、開演です!!!


・・・!

・・・・・・・!!

さ、さとうこういちさん・・・・!

(大笑い)

佐藤浩市の今までのイメージを見事に壊されました。
面白い演技もできる人だったんだなぁ〜。

ストーリーも良かったし、お暇があれば見にいってね〜



かなり久しぶりに長いLogがかけた。
実は、仕事場ですが(秘)




今年見た映画

2008.01.02 Wednesday | 20:04
のーんびりしたお正月。
見た映画は「102」と「間宮兄弟」
おもろかった(´v`)〜♪

お笑い番組も特に見ず、
あ、でも、ナイナイの岡村さんが東野幸治とインド行ってた特番は見た。
んー、しかしお笑いというよりも、ドキュメントに近いような(´v`;)

「間宮兄弟」は以前DVDで見たしlogにも書いたけど
改めて見てもなんだかいい雰囲気漂ってんね〜。
この兄弟、「兄は振られるとヤケ酒に走る。弟は振られると新幹線を見に行く」
のキャッチフレーズでわかるとおり、sako姉妹に非常に似ております。

え?
わからん?

そうかー、わからんよねー。

じゃあもっとわかりやすい感じでたとえよう。

映画のワンシーンにこんな場面がある。
兄がひそかに思いを寄せる女子大生に、思い切ってデートの約束を申し込んだ!
「ごめんなさい、そういうのはちょっと、違うと思います。」と断られる。
「私今、好きな人がいて、弟さんにそういったんですが…」
兄、茫然自失

帰宅前に弟を電話で呼びつける。
「今すぐありったけの洗濯モンもってコインランドリーに来い!」
・・・
「さっき洗濯したばっかりだったんだからね」ぶつぶつとこぼしながら弟登場。
「おまえ、直美ちゃんに彼氏がいるって知ってて黙ってたのか?!」

「好きな人がいるっていうのは聞いてたけどさ〜、ほんとに好きかどうかはわかんないじゃん」
「わからないじゃないんだよ〜お前のせいで直美ちゃん困らせちまったじゃないかー」


ここ、この最後の2人の会話の部分。
ここに間宮兄弟の本質が隠されてますね〜
そしてそれこそがsako姉妹の本質でもあるように感じます。

いやー、人事ならぬ思いで佐々木蔵之介を見つめていました。

「102」…は、オッドちゃんがかわいらしくて、クルエラのラストシーンが
なんとも救いのない感じでよかったです。

ということで、これから「プロフェッショナル-仕事の流儀-イチロー」を見ます。

1
top



PR

latest entries

categories

archives

search this site.

recent comment

links

profile

others